筑波大学 土地利用研究室 Landuse Laboratory University of Tsukuba

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

Autumn School 2013

ご報告が遅くなりましたが、

9/2~9/10にかけてAutumn School 2013が開催されました。

ドイツのノルトラインヴェストファーレン州にあるルール大学ボーフム校のウタ・ホーン先生と、
2012年春に土地利用研究室をご退官された大村謙二郎先生により2007年に始められた
「オータムスクール」は、日独の学生が双方の国の都市計画を学び、日本の都市を実際に訪れ体感し、

日独の比較の中で国際社会の視点から都市計画に対する知見を広げるプロジェクトとして、

8月に日本の学生がドイツを訪問するサマースクールと併せて行われてきました。

4回目の開催となった本年度は、

1日目 お台場『東京のウォーターフロント開発』
2日目 渋谷・大丸有 『東京都心の都市再生』
3日目 横浜・川崎 『先進的港湾都市・横浜の都市開発』
4日目 墨田区 『木造密集市街地の整備』
5日目 多摩平 『郊外住宅団地の歴史と今後の在り方』
について学び、日独の学生間での議論を行いました。

お忙しい中で準備段階から多方面とのご連絡、調整等大変お世話になりました有田先生、
資料をご提供ならびに当日のご案内等いただきました行政機関・企業のみなさまに
学生一同深く御礼申し上げます。

研究室の良い伝統的なプロジェクトが今後も引き継がれていくよう、
今後ともご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願いいたします。



最終更新 2013年 10月 11日(金曜日) 22:53