筑波大学 土地利用研究室 Landuse Laboratory University of Tsukuba

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

都市計画に向けてのブックガイド

記事インデックス
都市計画に向けてのブックガイド
1.基本書
2.参考書
3.入門書・関連書
4.雑誌
5.やや脱線的に
すべてのページ

筑波大学社会工学系 大村 謙二郎

 

本稿は、『都市住宅』No.13(1996)に記した原稿に若干の加筆・補正をおこなったものである。原題では、「都市計画から都市住宅へのアプローチのためのブックガイド」としていたが、都市計画(といっても筆者にとってのなじみある分野に限られるが)一般へのブックガイドと読んでもらってもよいと考え、上記のような表題とした。筆者の希望としては、これをベースとしながら、毎年、その年に刊行された注目される、広い意味での都市計画についてのブックガイドを記していきたいと考えている。

都市計画の重要な目標は、都市に住む人々にとって安全で健康的で快適な住宅・居住環境をつくり、それをたゆまず維持・発展させていく点にあるといえる。また、都市を構成する物的環境要素の中でも最も大きな位置を占めているのは居住に関わる要素といえよう。かように都市計画と都市の住宅のあり様は密接な関係を持っている。

近代的な都市計画のディスプリンが成立したのは19世紀末から20世紀初頭にかけてのことである。それは、まず、産業化の進展により急激な都市化に見舞われ、悲惨な住宅問題が発生した西欧諸国において成立したことが示すように、近代都市計画は都市の住宅問題とやはり密接な関係を持っていたし、その後の展開も住宅問題との対決の歴史の面を多分に持っていた。

さて、そのような都市計画の展開の歴史からいえば、都市住宅にアプローチしていく上では、都市計画も大きな役割を担うといえよう。そういった観点から、都市計画から都市住宅へ向かうに際して、参考になりそうな文献を紹介しようというのが、この小文の意図である。断るまでもないことであるが、都市計画といっても、その研究対象、方法論の違いによって専門分化は著しく、その度合いはさらに進展している。筆者の関心のおもむくところ、紹介できる領域はごく限られているし、また筆者の読書傾向も偏っているので、以下に紹介するのは、そのようなバイアスを持ったブックガイドであるとご了解いただきたい。



最終更新 2010年 3月 20日(土曜日) 12:07