筑波大学 土地利用研究室 Landuse Laboratory University of Tsukuba

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
ニュース2013

「土地利用研2014年新年会」及び「川手先生 米寿を祝う会」の開催について

新年明けましておめでとうございます。


本年も先生方やOBOGの皆様のご協力を頂戴しながら、

より素晴らしい研究室活動をしていくことができるよう精一杯努力して参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、土地利用研究室発足時の教授であり、

土地利用研の生みの親でもある川手先生は、今年米寿を迎えられます。


つきましては、研究室の歴代の先生方、OB・OGの皆さんにて先生の米寿をお祝いすると共に、

各世代の親交を深めるために、毎年恒例の研究室の新年会と併せて下記の通り、お祝い会・新年会を開催いたします。


皆様におかれましてはご多忙のこととは存じますが、

多くのOB・OGで先生をお祝いするとともに新年のご挨拶を交わしたいと存じますので、

万障お繰り合わせのうえご参集いただきたく、ご案内申し上げます。


なお、会場の手配等の関係がありますので、

ご出欠の意向をご連絡いただいていない方は27日までに、

下記連絡先の修士1年今井までご連絡いただけると幸甚に存じます。


ご出欠の意向をメールまたは回答フォームでお答えいただいた方はご連絡不要です。

ご欠席に変更される方は、大変お手数ですが27日までに、

下記連絡先の修士1年今井までご連絡ください。


日 時 平成26年2月22日(土)12:00~15:00(受付時間11:30~)

会 場 渋谷エクセルホテル東急 6階プラネッツルーム

〒150-0043

東京都渋谷区道玄坂1丁目12番2号(渋谷マークシティ内)

URL:http://www.shibuya-e.tokyuhotels.co.jp/ja/

アクセス:JR線・東急線・東京メトロ・京王線「渋谷駅」直結

会費  先生方:10,000円

川手先生・日端先生時代のOBの皆様(~1993年卒):10,000円

大村先生時代のOBの皆様(1995年卒~):7,000円

学生:3000円

※直前のご欠席につきましてはキャンセル料を頂く場合があることをご容赦願います。

持ち物 名札用に名刺の準備をよろしくお願い致します


(連絡先)筑波大学 土地利用研究室 修士1年 今井純

TEL:090-1830-2305  E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください




(文責:M1田野井)


 

10月~11月の出来事

M2の斎藤です。

更新が滞ってしまっていましたが、10~12月の主な出来事についてご報告させて頂きます。


■10月

・修士論文中間発表会

 10月30日に社会システム工学専攻2名、10月30日に環境科学専攻1名の修士論文の中間発表会が行われました。



■11月

・学園祭模擬店出店

11月2日~4日に開催された筑波大学の学園祭にて、土地利用研究室では3日目に揚げタコ焼き屋を出店しました。

2年ぶりの学園祭出店となりましたが、お店は大盛況で想定の3倍の揚げタコ焼きを売り切りました!



・卒業論文中間発表会

11月20日には、卒業論文の中間発表会が行われました。4年生にとっては、初めて行う研究室以外での発表であり、とても緊張していたようでした。


■12月

・年末まちあるき

12月17日に麻布十番、六本木、虎ノ門エリアを対象とし、土地利用研究室毎年恒例

年末まちあるきが行われました。

最終更新 2013年 12月 29日(日曜日) 14:47
 

Autumn School 2013

ご報告が遅くなりましたが、

9/2~9/10にかけてAutumn School 2013が開催されました。

ドイツのノルトラインヴェストファーレン州にあるルール大学ボーフム校のウタ・ホーン先生と、
2012年春に土地利用研究室をご退官された大村謙二郎先生により2007年に始められた
「オータムスクール」は、日独の学生が双方の国の都市計画を学び、日本の都市を実際に訪れ体感し、

日独の比較の中で国際社会の視点から都市計画に対する知見を広げるプロジェクトとして、

8月に日本の学生がドイツを訪問するサマースクールと併せて行われてきました。

4回目の開催となった本年度は、

1日目 お台場『東京のウォーターフロント開発』
2日目 渋谷・大丸有 『東京都心の都市再生』
3日目 横浜・川崎 『先進的港湾都市・横浜の都市開発』
4日目 墨田区 『木造密集市街地の整備』
5日目 多摩平 『郊外住宅団地の歴史と今後の在り方』
について学び、日独の学生間での議論を行いました。

お忙しい中で準備段階から多方面とのご連絡、調整等大変お世話になりました有田先生、
資料をご提供ならびに当日のご案内等いただきました行政機関・企業のみなさまに
学生一同深く御礼申し上げます。

研究室の良い伝統的なプロジェクトが今後も引き継がれていくよう、
今後ともご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願いいたします。



最終更新 2013年 10月 11日(金曜日) 22:53
 

2013年度土地利用研究室夏ゼミのお知らせ

B4の伊藤です。

今回は、本年度の夏ゼミについてお知らせさせていただきます。

毎年恒例の土地利用研究室の夏ゼミが8月3日(土)~4日(日)に開催されます。

OB・OGの皆様には既にメールにてお知らせしておりますが、

案内が届いていない方がいましたら、

お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡下さい。


■日程

8月3日(土)~4日(日)

なお、懇親会を3日の夜に開催いたします。

OB・OGの皆様のご参加をお待ちしております。


■場所

リフレフォーラム

〒135-0072 東京都江東区大島7-37-11

TEL:03-5609-1201

FAX:03-5609-3783

URL:http://www.refre-f.com


■費用

ゼミと懇親会の参加で7.000円程度(現在調整中)を予定しております。

宿の都合上、予約が必要です。お食事が必要な方はメールにてあらかじめご連絡下さい。

参加連絡は伊藤:ito00[at]sk.tsukuba.ac.jp([at]を@に)までお願い致します。

OB・OGの皆様のご参加お待ちしております。


最終更新 2013年 6月 24日(月曜日) 17:42
 

シンポジウム「公務員宿舎のこれまで、これから ~宿舎一斉廃止を考える~」

皆様お世話になっております。M2の斎藤です。

HPの更新が滞っていましたが、今年度もどうぞよろしくお願い致します。


さて、今回は7月6日(土)に行われるまちづくりシンポジウム「公務員宿舎のこれまで、これから ~宿舎一斉廃止を考える~」についてお知らせさせていただきます。

これまでに筑波研究学園都市の形成に大きな役割を果たしてきた「公務員宿舎」の廃止に関して、

筑波大学で実施した宿舎廃止の影響に関する調査報告とこれからのつくばのまちづくりを考えるシンポジウムが開催されます。

調査報告においては、藤井先生がご担当されている大学院講義「都市空間のフィールド・ワーク演習」の成果発表として、土地利用研のM1の学生も発表させていただきます。

みなさまこの機会に是非、お越しくださいますようお願い致します。


以下、詳細です。

--------------------------------------------

筑波大学・まちづくりシンポジウム「公務員宿舎のこれまで、これから ~宿舎一斉廃止を考える~」

日時:2013年7月6日(土)13時-16時半(12時半開場)
会場:つくば国際会議場(つくば市竹園2-20-3 ) 中ホール300
http://www.epochal.or.jp/access/index.html
※車でご来場の際は近隣有料駐車場をご利用ください。
参加費:無料(申し込み不要)
パネリスト:
・蓑原計画事務所所長・蓑原敬氏
・日本開発構想研究所理事・小畑晴治氏
・リビタ常務取締役・内山博文氏
・筑波大学システム情報系教授・谷口守氏
・コーディネーター:筑波大学システム情報系准教授・藤井さやか

--------------------------------------------



「公務員宿舎のこれまで、これから ~宿舎一斉廃止を考える~」

最終更新 2013年 6月 21日(金曜日) 16:03